ポロ カーナビ・カーAV取付方法

管理No:fy15037 登録日:2016年5月9日()

メーカー
フォルクスワーゲン
車種
ポロ
年式
H21/10~H26/8
取付けタイプ
カーナビ・カーAV取付
使用キット
タイプ
全車種
型式
6RCAV、6RCBZ、6RCBZW、6RCGG、6RCPT、6RCTH
使用ナビゲーション
パイオニア製 

※車両は最低2輪にしっかりと輪止めをしてください。
※本撮影は一部テープやタオルなどで車輌を保護しております。
※カーAVにブラケットを取付ける際、使用するネジについてはカーAVの取付説明書をご参照ください。
※カーAVはカーナビ・カーオーディオの総称です。
※互換製品の適合は販売元HPをご確認ください。

※サイト内のコンテンツの転載を禁止します。

使用キット・使用工具

カーナビの取り付け方法の基本。

GE-VW202G

パネル 、ブラケット(L)(R) 、ACC電源用コード(赤) 、イルミネーション電源用コード(橙/白) 、電源/フロントスピーカー/リアスピーカー用コネクター(16P) 、アンテナ変換アダプター 、アンテナ電源用変換コード 、ロックタイ(L=200mm)

※以下のショッピングモール(ワントップ運営)にて購入できます。

GE-XA02

CAN-Busインターフェイス 、カバー 、汎用接続コード 、エレクトロタップ:4つ

※以下のショッピングモール(ワントップ運営)にて購入できます。

使用工具

プラスドライバー(2番) 、トルクスドライバー(T15) 、精密ドライバー 、内張りはがし 、ソケットレンチ(No.10) 、テープ 、タオル

取付方法

  • 1
    バッテリー(-端子) 取外し

    バッテリー(-端子)を取外します。 タオルなどで包んで他の金属と接触しないように保護します。

    工具
    ソケットレンチ(No.10)
    • -端子と+端子を接触させないでください。
  • 2
    作業開始

    これからカーAV取付け作業を開始します。

  • 3
    センターパネル 取外し

    ○印に内張りはがしを差し込み、センターパネルを取外します。

    工具
    内張りはがし
    フック
    11箇所
  • 4
    センターパネル フック位置

    センターパネルのフックは11箇所です。

  • 5
    純正カーAV 取外し(1)

    ○印の純正トルクスネジを取外します。

    工具
    トルクスドライバー(T15)
    • 写真は(L)です。(R)も同様に取外します。
    • 狭い場所からネジを取外す場合は、マグネットにドライバーを60秒ほど接触させておくとドライバーが磁化して作業しやすくなります。
    • 取外した純正トルクスネジはカーAV取付け時に使用します。
    • ネジの落下にご注意ください。
  • 6
    純正カーAV 取外し(2)

    純正カーAVを車両側から取外します。

  • 7
    配線コネクター 取外し

    純正カーAVの配線コネクター、アンテナプラグを取外します。

    • 写真のコネクター(16P)は車両側配線コネクターのフックロックを矢印方向に傾けて解除してから取外します。
  • 8
    ブラケット(L)(R) 取付け

    カーAVにキット付属のブラケットを重ね、○印をカーAV付属のネジで取付けます。

    工具
    プラスドライバー(2番)
    • 写真は(L)です。(R)も同様に取付けます。
    • ブラケットを取付ける際、取付けるカーAVによってはノーズ面がはみ出します。気になる場合は3連穴のいずれかの位置で取付けてください。(3連穴の間隔は4.5mmです。)
  • 9
    配線 接続

    配線図に従って接続します。ギボシ端子は最後まで差し込んでください。

  • 10
    アンテナ変換アダプター 接続

    配線図に従って接続します。ギボシ端子は最後まで差し込んでください。

    • カーナビゲーションのアンテナ電源用端子がJEITA以外の端子(平端子)の場合はアンテナ電源用変換コードを使用します。
  • 11
    CAN-Busインターフェイス 使用

    CAN-Busインターフェイスに付属の配線コネクターを接続して使用します。

    • 必ず車両側配線コネクターを接続する前に設定をしてください。 設定せずに接続すると車両側に異常表示がでる場合があります。
    • 設定はCAN-Busインターフェイスの電源を入れる前に行わないと有効になりません。
  • 12
    CAN-Busインターフェイス 初期設定

    オレンジ○のスイッチを設定します。 (ピンク○はステアリングリモコン設定用スイッチです。) ポロの場合(左側から1.2.3....) 精密ドライバーを使用し1と5を下方に押し下げます。

    工具
    精密ドライバー
    • 本設定では、7と8はさわらないでください。
  • 13
    CAN-Busインターフェイス 接続

    配線図に従って接続します。ギボシ端子は最後まで差し込んでください。

    • 注1、カーAVによってはイルミネーション電源のない場合がありますがその場合は接続しません。
    • 注2、地上デジタルチューナーやバックカメラ/ETC等のAV機器を接続する際に電流容量が記載された数字を超える場合にはリレー等を使用してください。
    • 接続しない端子はビニールテープ等で巻き付け絶縁処理をしてください。
  • 14
    カーAV/配線コネクター 接続

    カーAV裏に配線コネクターを接続します。

    • コネクターは確実にカチッと鳴るまで差し込んでください。
  • 15
    アース線 接続

    キットの配線コネクターとカーAV側のアース線を純正ブラケット取付ネジで共締めします。

    工具
    プラスドライバー(2番)
  • 16
    コネクター(16P) 接続

    カーAV側配線コネクターと車両側の配線コネクターを接続します。

    • フックを開いた状態で配線コネクターを差し込み、矢印方向にフックを閉じます。
    • コネクターは確実にカチッと鳴るまで差し込んでください。
  • 17
    アンテナ変換アダプター 接続

    アンテナ変換アダプターのジャック側を車両側AM/FMアンテナプラグ(白色)に接続します。プラグ端子をカーナビゲーション側のアンテナジャックに接続します。

    • 車両側のアンテナプラグがデュアルタイプの場合、アンテナ変換アダプターのジャック側をデュアルタイプ(クリーム色)のフック付側に接続します。
    • 車両側に薄茶色の同形プラグがあります。間違えて接続しないようにしてください。
  • 18
    CAN-Busインターフェイス カバー貼り付け

    全ての配線接続後、バッテリー(-端子)を仮接続し、カーAVとCAN-Busインターフェイスの動作確認を行います。確認後、再度バッテリー(-端子)を外します。 動作確認後、カバーを設定窓口に貼り付けます。

    • 貼り付け面の汚れや油分などをよく拭き取ってから裏面の保護紙をはがして貼り付けます。
  • 19
    カーAV 取付け

    配線等を挟まないように注意し、車両側にカーAVを挿入します。

    • はめ込み後、バッテリー(-端子)を仮接続し、カーAVの動作確認を行います。確認後、再度バッテリー(-端子)を外します。
  • 20
    パネル/カーAV 固定

    キット付属のパネルを重ね、純正トルクスネジでブラケットとパネルを共締めします。

    工具
    トルクスドライバー(T15)
    • 写真は(L)です。(R)も同様に取付けます。
  • 21
    センターパネル 取付け

    センターパネルを取付けます。

  • 22
    取付完了

    バッテリー(-端子)を仮接続し、再度動作確認を行います。 確認後、バッテリー(-端子)を本締めしてください。

    工具
    ソケットレンチ(No.10)

関連コンテンツ