ミニ 5ドア カーナビ・カーAV取付方法

管理No:fy15049 登録日:2016年5月12日()

メーカー
BMW
車種
ミニ
年式
H26/10~現在
取付けタイプ
カーナビ・カーAV取付
使用キット
タイプ
ベーシックラジオ付車
型式
XM12、XM15、XM20、XMJCW、XS12、XS15、XS20
使用ナビゲーション
アルパイン製 

※車両は最低2輪にしっかりと輪止めをしてください。
※本撮影は一部テープやタオルなどで車輌を保護しております。
※カーAVにブラケットを取付ける際、使用するネジについてはカーAVの取付説明書をご参照ください。
※カーAVはカーナビ・カーオーディオの総称です。
※互換製品の適合は販売元HPをご確認ください。

※サイト内のコンテンツの転載を禁止します。

使用キット・使用工具

カーナビの取り付け方法の基本。

GE-BM208G

リング 、パネル 、パネル固定用フック 、ブラケット(L)(R) 、スピーカーユニット 、配線コネクター 、アンテナ変換アダプター[FAKRA⇒JASOブースター電源用端子付] 、常時電源用コード 、アンテナ電源用変換コード 、移設用保護シート(L)(R)(底面) 、移設用キャップ 、移設用ブラケット 、マジックテープ[硬目]:3枚 、両面テープ:2枚 、結束バンド:2本 、M5×8ネジ:6本 、φ4.5×16タッピングネジ:6本

※以下のショッピングモール(ワントップ運営)にて購入できます。

GE-X009

アイドリングストップ対策アダプター 、コード

※以下のショッピングモール(ワントップ運営)にて購入できます。

GE-XA02

CAN-Busインターフェイス 、カバー 、汎用接続コード 、エレクトロタップ:4つ

※以下のショッピングモール(ワントップ運営)にて購入できます。

使用工具

タオル 、内張りはがし 、精密ドライバー 、定規(コインでも可) 、トルクスドライバー(T15) 、プラスドライバー 、ソケットレンチ(No.8/No.10/No.13) 、保護テープ

取付方法

  • 1
    バッテリー(-端子) 取外し(1)

    エンジンルーム内、矢印のゴムパッキンをピンク線まで取外します。

  • 2
    バッテリー(-端子) 取外し(2)

    ○印のネジを取外し、バッテリーカバーを取外します。

    工具
    ソケットレンチ(No.8)
  • 3
    バッテリー(-端子) 取外し(3)

    ○印のゴムナットを取外します。

    工具
    ソケットレンチ(No.10)
  • 4
    バッテリー(-端子) 取外し(4)

    ○印をコインや定規等のマイナス型でOPEN→方向へ回します。

    工具
    定規またはコインなど
  • 5
    バッテリー(-端子) 取外し(5)

    カバーを持ち上げます。

  • 6
    バッテリー(-端子) 取外し(6)

    バッテリー(-端子)を取外します。 タオルなどで包んで他の金属と接触しないように保護します。

    工具
    ソケットレンチ(No.10)
    • -端子と+端子を接触させないでください。
  • 7
    作業開始

    これからカーAV取付け作業を開始します。

  • 8
    純正オーディオリング 取外し(1)

    オーディオリング下部のピン(2箇所)中心部を太さ2mm程度の棒状のもので押し込んで取外します。

    工具
    精密ドライバー
  • 9
    純正オーディオリング 取外し(2)

    オーディオリングを手前に引っ張り取外します。

    フック
    5箇所
  • 10
    エアコン吹き出しパネル 取外し

    ○印から内張りはがしを差し込み、エアコン吹き出しパネルを取外します。

    工具
    内張りはがし
    フック
    8箇所
  • 11
    エアコン吹き出しパネル フック位置

    エアコン吹き出しパネルのフック位置は8箇所です。

  • 12
    純正カーオーディオ 取外し(1)

    ○印の純正ネジ(2本)を取外します。

    工具
    トルクスドライバー(T15)
    • 狭い場所からネジを取外す場合は、マグネットにドライバーを60秒ほど接触させておくとドライバーが磁化して作業しやすくなります。
    • 取外した純正ネジはカーAV取付け時に使用します。
    • ネジの落下にご注意ください。
  • 13
    純正カーオーディオ 取外し(2)

    エアコン吹き出しパネルを取外した開口部手前の角穴からトルクスドライバーを差し、純正カーオーディオ上部中央フックを押し込み取外します。

    工具
    トルクスドライバー
  • 14
    純正カーオーディオ 取外し(3)

    純正カーオーディオを手前に引っ張り取外します。 この時、配線コネクターも取外します。

    フック
    3箇所
  • 15
    配線コネクター(16P) 取外し方法

    配線コネクター(16P)○印のフック(左右)を押しながら、後方へレバーを移動し取外します。

  • 16
    純正カーオーディオ 取外し(1)

    純正カーオーディオ裏下部の○印の純正ネジ(2本)を取外します。

    工具
    トルクスドライバー(T15)
  • 17
    純正カーオーディオ 取外し(2)

    純正カーオーディオ裏上部の○印の純正ネジ(2本)を取外します。

    工具
    トルクスドライバー(T15)
  • 18
    純正カーオーディオ 取外し(3)

    純正カーオーディオを持ち上げ取外します。

  • 19
    純正ハザードスイッチ 取外し

    純正ハザードスイッチを取外します。

    フック
    2箇所
    • 取外したハザードスイッチはカーAV取付け時に使用します。
  • 20
    純正スライダー 取外し

    純正カーオーディオから純正スライダーを取外します。(左右2箇所)

    • 写真は(R)です。(L)も同様に取外します。
    • 取外した純正スライダーはカーAV取付け時に使用します。
  • 21
    カーAV/ブラケット 取付け

    カーAVにキット付属のブラケットを重ね、○印をカーAV付属のネジで取付けます。

    工具
    プラスドライバー(2番)
    • 写真は(R)です。(L)も同様に取外します。
  • 22
    スライダー 取付け

    純正スライダーをキット付属のブラケット(L)(R)に取付けます。

  • 23
    パネル/カーAV 取付け(1)

    キット付属のパネル/7インチパネル後方からカーAVをはめ込みます。

  • 24
    パネル/カーAV 取付け(2)

    ○印をキット付属のφ4.5×16タッピングネジ(2本)で取付けます。

    工具
    プラスドライバー(2番)
    • 写真は(L)です。(R)も同様に取外します。
  • 25
    パネル用固定フック 取付け(1)

    キット付属のパネル用固定フックをパネル裏上部からはめ込みます。

  • 26
    パネル用固定フック 取付け(2)

    ○印をキット付属のφ4.5×16タッピングネジで取付けます。

    工具
    プラスドライバー(2番)
  • 27
    純正ハザードスイッチ 取付け

    純正ハザードスイッチをパネルに取付けます。

  • 28
    エンジンルーム 開く

    常時電源用コードの引き回しを行います。

  • 29
    常時電源用コード 引き回し(1)

    常時電源用コードのヒューズを抜きとります。

  • 30
    常時電源用コード 引き回し(2)

    バッテリーの+端子をソケットレンチ(No.13)で六角ナットを一旦取外し、常時電源用コードの輪っかを通し六角ナットで共締めします。

    • ネジの落下にご注意ください。
  • 31
    常時電源用コード 引き回し(3)

    ○印部分の純正グロメットを取外し、配線口から常時電源用コードを車内へ通します。 その後、コードに通してあるグロメットで配線口をふさぎます。

  • 32
    常時電源用コード 引き回し(4)

    常時電源用コードの途中2箇所をキット付属の結束バンドで固定します。

  • 33
    配線コネクター/常時電源用コード 引き回し

    グローブボックス裏からの配線コネクターと常時電源用コードをオーディオ裏へ引き回します。

  • 34
    配線 接続

    配線図に従って接続します。ギボシ端子は最後まで差し込んでください。 また、弊社製品のGE-X009、GE-XA02とも接続します。

    • 注、アイドリングストップからのエンジン再スタートの時にカーナビゲーションの電源が落ちる場合に使用します。
    • 接続しない端子はビニールテープ等で巻き付け絶縁処理をしてくだい。
  • 35
    アンテナ変換アダプター 接続

    配線図に従って接続します。ギボシ端子は最後まで差し込んでください。

    • カーAVのアンテナ電源用端子がJEITA以外の端子(平端子)の場合はアンテナ電源用コードを使用します。
  • 36
    GE-X009 接続

    配線図に従って接続します。ギボシ端子は最後まで差し込んでください。

    • 接続しない端子はビニールテープ等で巻き付け、絶縁処理を行ってください。
  • 37
    CAN-Busインターフェイス 使用

    CAN-Busインターフェイスに付属の配線コネクターを接続して使用します。

    • コネクターは確実にカチッと鳴るまで差し込んでください。
    • 必ずコネクターを接続する前に設定をしてください。 設定せずに接続すると車両側に異常表示がでる場合があります。
    • 設定はCAN-Busインターフェイスの電源を入れる前に行わないと有効になりません。
  • 38
    CAN-Busインターフェイス 初期設定

    ○印のスイッチをMINI用に設定します。 精密ドライバー等を使用し「1と3」をONにしてください。

    工具
    精密ドライバー
    • 7と8は動かさないでください。
  • 39
    GE-XA02(CAN-Busインターフェイス) 接続

    配線図に従って接続します。ギボシ端子は最後まで差し込んでください。

    • 注1、カーAVによってはイルミネーション電源のない場合がありますがその場合は接続しません。
    • 注2、地上デジタルチューナーやバックカメラ/ETC等のAV機器を接続する際に電流容量が記載された数字を超える場合にはリレー等を使用してください。
    • 接続しない端子はビニールテープ等で巻き付け、絶縁処理をしてください。
  • 40
    スピーカーユニット 挿入

    スピーカーユニットをオーディオ窓口左奥に挿入します。

  • 41
    配線コネクター(16P) 引き回し(1)

    配線コネクターをトランクルームまで引き回していきます。

  • 42
    引き回し 例

    これは引き回しレイアウト例です。

  • 43
    配線コネクター(16P) 引き回し(2)

    トランクルーム内に引き回します。

  • 44
    カーAV配線コネクター 接続

    カーAV側配線コネクターと車両側の配線コネクターを接続します。 ・配線コネクター(16P) ・アンテナ変換アダプター

    • 16P接続方法 フックを開いた状態でコネクターを差し込み、フックを閉じます。
    • コネクターは確実にカチッと鳴るまで差し込んでください。
  • 45
    カーAV/配線コネクター 接続

    カーAVの背面にカーAV付属の配線コネクター/アンテナコードを接続します。

    • CAN-Busインターフェイスに電源が入るとLEDランプ(赤)が点灯します。
    • コネクターは確実にカチッと鳴るまで差し込んでください。
    • 配線接続後、バッテリー(-端子)を仮接続してCAN-Busインターフェイスが正常に動作するか確認します。確認後、再度バッテリー(-端子)を外します。
  • 46
    CAN-Busインターフェイス カバー貼り付け

    動作確認後、カバーを設定窓口に貼付けます。

    • 貼付け面の汚れや油分などをよく拭き取ってから裏面の保護紙をはがして貼り付けます。
  • 47
    カーAV 取付け

    ハザードコネクターを接続し、配線等を挟まないように注意し、カーAVを車両側にはめ込みます。

    • パネル上部にあるフックからカチッと音がします。
    • はめ込み後、バッテリー(-端子)を仮接続し、カーAVとハザードの動作確認を行います。確認後、再度バッテリー(-端子)を外します。
  • 48
    カーAV/パネル 固定

    ○印を純正トルクスネジで取付けます。

    工具
    トルクスドライバー(T15)
  • 49
    リング 取付け

    キット付属のリングを取付けます。

  • 50
    純正オーディオ 移設

    純正オーディオの移設を行います。

  • 次のページへ

関連コンテンツ