フィット カーナビ・カーAV取付方法

管理No:fy15010 登録日:2016年4月22日()

メーカー
ホンダ
車種
フィット
年式
H25/9~現在
取付けタイプ
カーナビ・カーAV取付
使用キット
タイプ
オーディオレス車(ナビ装着用スペシャルパッケージ装着車含む)
型式
GK3、GK4、GK5、GK6、GP5、GP6
使用ナビゲーション
パイオニア製 

※車両は最低2輪にしっかりと輪止めをしてください。
※本撮影は一部テープやタオルなどで車輌を保護しております。
※カーAVにブラケットを取付ける際、使用するネジについてはカーAVの取付説明書をご参照ください。
※カーAVはカーナビ・カーオーディオの総称です。
※互換製品の適合は販売元HPをご確認ください。

※サイト内のコンテンツの転載を禁止します。

使用キット・使用工具

カーナビの取り付け方法の基本。

NKK-H83D (互換:UA-H83D )

※キットによって内容物が異なる場合があります。

パネル 、パネルスペーサー 、ブラケット(L)(R) 、ブラケット[パネル取付け用]:2個 、電源/フロントスピーカー/リアスピーカー用コネクター(24P) 、アンテナプラグ変換コード 、アンテナ電源用変換コード 、φ4.5×16タッピングネジ:4本 、M5×8ネジ:8本 、M5×16座付六角頭ネジ:×1本

使用工具

ソケットレンチ(No.10) 、内張りはがし 、ピックツール 、プラスドライバー(2番) 、タオル 、保護テープ

取付方法

  • 1
    バッテリー(-端子) 取外し

    バッテリー(-端子)を取外します。 タオルなどで包んで他の金属と接触しないように保護します。

    工具
    ソケットレンチ(No.10)
    • -端子と+端子を接触させないでください。
  • 2
    作業開始

    これからカーAV取付け作業を開始します。

  • 3
    シフトレバー 下げる

    ○印のシフトロックカバーを取外し、シフトロックボタンをピックツールで押しながらシフトレバーをLまで下げます。

    工具
    精密ドライバーピックツール
  • 4
    アンダーカバー 取外し(1)

    ○印のアンダーカバー下部の純正ネジ(1本)を取外します。

    工具
    プラスドライバー(2番)
    • ネジの落下にご注意ください。
  • 5
    アンダーカバー 取外し(2)

    ○印に内張りはがしを差し込み、アンダーカバーを取外します。 この時、接続されている配線コネクター(2本)も取外します。

    工具
    内張りはがし
    フック
    6箇所
  • 6
    アンダーカバー フック位置

    アンダーカバーのフックは6箇所です。

  • 7
    メーターパネル 取外し

    ○印に内張りはがしを差し込み、メーターパネルを取外します。

    工具
    内張りはがし
    フック
    8箇所
  • 8
    メーターパネル フック位置

    メーターパネルのフックは8箇所です。

  • 9
    エアコン吹き出しパネル 取外し

    ○印に内張りはがしを差し込み、エアコン吹き出しパネルを取外します。

    工具
    内張りはがし
    フック
    9箇所
    • シルバーの部分が壊れやすいので注意してください。
  • 10
    エアコン吹き出しパネル フック位置

    エアコン吹き出しパネルのフックは9箇所です。

  • 11
    センターパネル 取外し

    センターパネルを取外します。 この時、ハザードコネクターも取外します。

    フック
    8箇所
  • 12
    純正ネジ 取外し

    ○印の純正ネジ(2本)を取外します。

    工具
    プラスドライバー(2番)
    • 狭い場所にネジ/タッピング等を止める場合は、マグネットにドライバーを60秒ほど接触させおくとドライバーが磁化して取付けがはかどります。
    • 取外した純正ネジはカーAV取付け時に使用します。
    • ネジの落下にご注意ください。
  • 13
    パネルスペーサー 貼り付け

    キット付属のパネルにキット付属のパネルスペーサーを段差面に合わせ貼り付けます。

    • パネル貼付面の汚れや油分などをよく拭き取ってからパネルスペーサーの裏面の保護紙をはがして貼り付けます。
  • 14
    ブラケット[パネル取付け用](L側) 取付け

    カーAVにキット付属のブラケット[パネル取付け用]を重ね、○印をカーAV付属の皿ネジで取付けます。

    工具
    プラスドライバー(2番)
    • カーAVの機種によりブラケットが固定できない場合があります。その場合、車両固定用ブラケットと共締めしてください。
  • 15
    パネル 取付け

    キット付属のパネルの溝に取付けたブラケット[パネル取付け用]のフックを差し込み、カーAVのR側を上にします。

  • 16
    パネル/ブラケット[パネル取付け用](R側) 取付け

    キット付属のパネルの溝に取付けるブラケット[パネル取付け用]のフックを差し込みます。

  • 17
    ブラケット[パネル取付け用](R側) 取付け

    カーAVにキット付属のブラケット[パネル取付け用]を重ね、○印をカーAV付属の皿ネジで取付けます。

    工具
    プラスドライバー(2番)
    • カーAVの機種によりブラケットが固定できない場合があります。その場合、車両固定用ブラケットと共締めしてください。
  • 18
    カーAV/センターパネル 取付け

    カーAV後方からセンターパネルを挿入します。

  • 19
    センターパネル/ブラケット 取付け

    オレンジ○はカーAV付属のネジで取付け、ピンク○はキット付属のφ4.5×16タッピングネジで取付けます。

    工具
    プラスドライバー(2番)
    • 写真は(R)です。(L)も同様に取付けます。
  • 20
    配線 接続

    配線図に従って接続します。ギボシ端子は最後まで差し込んでください。

    • 注1、純正ステアリングリモコン対応のカーAVの場合のみ使用します。
    • 注2、取付けるカーAVによってステアリングリモコン用コードの配線色は異なります。
    • 注3、橙/白線はイルミネーション電源のないカーAVの場合は接続しません。接続しない端子は絶縁処理をしてください。
    • 注4、カーAV側のアンテナ電源端子がJEITA以外の端子(平端子)の場合はアンテナ電源用変換コードを使用します。
  • 21
    アース端子 接続

    キットの配線コネクターとカーAV側のアース線を○印の純正ブラケット取付ネジで共締めします。

    工具
    プラスドライバー(2番)
  • 22
    リバース信号/パーキング信号 接続(1)

    矢印の配線コネクター(3P)を使用します。

    • リバース信号(茶色)、パーキング信号(青色)
  • 23
    リバース信号/パーキング信号 接続(2)

    パーキング信号(青色)にカーAVパーキング信号用コードをエレクトロタップで接続します。 リバース信号(茶色)にカーAVリバース信号用コードをエレクトロタップで接続します。

    • 写真はパーキング信号です。
  • 24
    コネクター(24P) 接続方法

    車両側配線コネクターに電源/フロントスピーカー/リアスピーカー用コネクターを奥まで差し込み、ロックを矢印方向にカチッと音がするまで押し接続します。

  • 25
    カーAV 取付け

    ハザードコネクターを接続します。 配線等を挟まないように注意し、カーAVを車両側にはめ込みます。

    • はめ込み後、バッテリー(-端子)を仮接続し、カーAVの動作確認を行います。確認後、再度バッテリー(-端子)を外します。
    • コネクターは確実にカチッと鳴るまで差し込んでください。
  • 26
    カーAV 固定

    ○印を純正ネジ(2本)で取付けます。 

    工具
    プラスドライバー(2番)
    • ネジの落下にご注意ください。
  • 27
    六角十字ネジ 取付(1)

    ○印からブラケット(R)下部1箇所をキット付属のM5×16(座付)六角十字ネジで取付けます。

    工具
    プラスドライバー(2番)
    • 狭い場所にネジを取付る場合は、マグネットにドライバーを60秒ほど接触させておくとドライバーが磁化して作業しやすくなります。
    • ネジの落下にご注意ください。
  • 28
    六角十字ネジ 補足

    カーAVを六角十字ネジで締め付けるため、実際には見えませんが○印に六角十字ネジを取付けます。

  • 29
    パネル等 取付け

    始めに取外したセンターパネル、メーターパネル、エアコン吹き出しパネル、アンダーカバーを取付けます。

    工具
    プラスドライバー(2番)
    • ネジの付け忘れに注意してください。
    • コネクターは確実にカチッと鳴るまで差し込んでください。
  • 30
    取付完了

    バッテリー(-端子)を仮接続し、再度動作確認を行います。 確認後、バッテリー(-端子)を本締めしてください。

    工具
    ソケットレンチ(No.10)

使用したキット

NKK-H83D (互換:UA-H83D )

関連コンテンツ