500 カーナビ・カーAV取付方法

管理No:fy17061 登録日:2017年6月22日()

メーカー
フィアット
車種
500(フィアット)
年式
H28/1~現在
取付けタイプ
カーナビ・カーAV取付
使用キット
タイプ
全車種
型式
31209、31212
使用ナビゲーション
パイオニア製 

※車両は最低2輪にしっかりと輪止めをしてください。
※本撮影は一部テープやタオルなどで車輌を保護しております。
※カーAVにブラケットを取付ける際、使用するネジについてはカーAVの取付説明書をご参照ください。
※カーAVはカーナビ・カーオーディオの総称です。
※互換製品の適合は販売元HPをご確認ください。

※サイト内のコンテンツの転載を禁止します。

使用キット・使用工具

カーナビの取り付け方法の基本。

GE-FT201

パネル 、ブラケット(L)(R) 、配線コネクター(52P) 、CAN-Busインターフェイス 、CAN-Busコード 、アンテナ変換アダプター[FAKRA⇒JASOブースター電源用端子付] 、アンテナ電源用変換コード 、USB変換アダプター 、クッションテープ

※以下のショッピングモール(ワントップ運営)にて購入できます。

GE-X008

CAN-Bus接続コード 、カーAV接続コード 、赤外線コード(5m) 、送信部ホルダー 、ワイヤーステッカー 、カバー

※以下のショッピングモール(ワントップ運営)にて購入できます。

GE-X009

アイドリングストップ対策アダプター 、コード

※以下のショッピングモール(ワントップ運営)にて購入できます。

使用工具

プラスドライバー(2番) 、内張りはがし 、ラジオペンチ 、ヤスリ 、トルクスドライバー(T10、T25) 、精密ドライバー(マイナス) 、プライヤー 、小型グラインダー 、トルクスドライバー(T25)(短軸タイプ) 、保護テープ 、タオル

取付方法

  • 1
    作業開始

    これからカーAV取付け作業を開始します。

    • バッテリー(-端子)は絶対に外さないでください。
  • 2
    ヒューズ 取外し(1)

    グローブボックスを開けます。

  • 3
    ヒューズ 取外し(2)

    左奥のカバーを取外します。

    フック
    2箇所
  • 4
    カバー フック位置

    カバーのフックは2箇所です。

  • 5
    ヒューズ 取外し(3)

    ○印のヒューズボックス内左列上から5番目(15A)を抜き取ります。

    工具
    ラジオペンチ
    • プライヤーまたはラジオペンチで(先端にビニールテープを巻いて)ヒューズに負担をかけたりショートさせたりしないよう十分注意して行ってください。
  • 6
    ヒューズ 取外し(4)

    工具
    ラジオペンチ
  • 7
    シフトレバー 下げる

    シフトレバーをRにします。

  • 8
    エアコンローラーパネル 取外し(1)

    ○印に内張りはがしを差し込みます。

    工具
    内張りはがし
    フック
    6箇所
  • 9
    エアコンローラーパネル 取外し(2)

    エアコンローラーパネルを取外します。

  • 10
    エアコンコントロールスイッチ 取外し(1)

    ○印の純正ネジ(3本)を取外します。

    工具
    トルクスドライバー(T10)
  • 11
    エアコンコントロールスイッチ 取外し(2)

    エアコンコントローラースイッチを取外します。

  • 12
    エアコンコントロールスイッチ フック位置

    エアコンコントロールスイッチのフックは6箇所です。

  • 13
    センターパネル 取外し(1)

    ○印の純正ネジを取外します。

    工具
    トルクスドライバー(T25)
  • 14
    センターパネル 取外し(2)

    ○印の純正ネジを取外します。

    工具
    トルクスドライバー(T25)(短軸タイプ)
  • 15
    センターパネル 取外し(3)

    ○印から手前に引っ張ります。

    フック
    10箇所
  • 16
    センターパネル 取外し(4)

    センターパネルを取外します。

  • 17
    配線コネクター 取外し(1)

    センターパネルを手前に倒し、精密ドライバーで○印の部分を持ち上げながら引っ張ります。

    工具
    精密ドライバー
  • 18
    配線コネクター 取外し(2)

    センターパネルに接続されている配線コネクターを取外します。

  • 19
    センターパネル フック位置

    センターパネルのフックは10箇所です。

  • 20
    エアコンパネル 取外し(1)

    ○印の純正ネジ(4本)を取外します。

    工具
    トルクスドライバー(T25)
    • 狭い場所からネジを取外す場合はマグネットにドライバーを60秒ほど接触させておくとドライバーが磁化して作業しやすくなります。
    • ネジの落下にご注意ください。
  • 21
    エアコンパネル 取外し(2)

    ○印に手を入れ手前に引っ張ります。

    フック
    5箇所
  • 22
    エアコンパネル 取外し(3)

    エアコンパネルを取外します。

  • 23
    エアコンパネル フック位置

    エアコンパネルのフックの位置は5箇所です。

  • 24
    純正オーディオ 取外し(1)

    ○印の純正ネジを取外します。

    工具
    トルクスドライバー(T25)
    • 狭い場所からネジを取外す場合はマグネットにドライバーを60秒ほど接触させておくとドライバーが磁化して作業しやすくなります。
    • 写真は(L)です。(R)も同様に取外してください。
    • ネジの落下にご注意ください。
    • 取外した純正ネジ(4本)はカーAV取付け時に使用します。
  • 25
    純正オーディオ 取外し(2)

    純正オーディオを取外します。

  • 26
    配線コネクター 取外し(1)

    純正オーディオに接続されている配線コネクター(2本)を取外します。

  • 27
    配線コネクター 取外し(2)

    ○印を押しながら持ち上げます。

  • 28
    配線コネクター 取外し(3)

    純正オーディオに接続されている配線コネクター(1本)も取外します。

  • 29
    ダッシュ内 切り取り加工(1)

    ダッシュ内の切り取り加工を行います。

    • 切り取り部分周囲の配線や内装表面に傷を付けないよう、またケガをしないように十分注意してください。
    • クランプ止めされている配線は外しておきます。
  • 30
    ダッシュ内 切り取り加工(2)

    切り取り加工に小型グラインダーを使用します。

  • 31
    ダッシュ内 切り取り加工(3)

    オレンジの高さは8mm、ピンクの高さを10mmにします。

    • 写真は(L)です。(R)も同様に切り取り加工してください。
  • 32
    ダッシュ内 切り取り加工(4)

    ○印のリベットが上に出ている場合は、折り曲げるなどしてはみ出さないよう加工します。

    • 写真は(L)です。(R)も同様に加工してください。
  • 33
    クッションテープ 貼り付け(1)

    カーAVの前側底面にキット付属のクッションテープを貼り付けます。

    • 貼り付け面の汚れや油分等をよく拭き取ってから貼り付けます。
  • 34
    クッションテープ 貼り付け(2)

    カーAVの前側天面にキット付属のクッションテープを貼り付けます。

    • 貼り付け面の汚れや油分等をよく拭き取ってから貼り付けます。
  • 35
    ブラケット(L)(R) 使用穴位置

    キット付属のブラケットを取付ける時に使用する穴位置は、T穴とT/N穴です。

  • 36
    ブラケット(L)(R) 取付け

    キット付属のブラケットをカーAV付属のネジで取付けます。

    工具
    プラスドライバー(2番)
    • 写真は(L)です。(R)も同様に取付けてください。
  • 37
    配線 接続

    配線図に従って接続します。ギボシ端子は最後まで差し込んでください。

    • 注1、GE-X008及びGE-X009の接続については、それぞれの取付説明書も参照してください。
    • 注2、カーAVによってはイルミネーション電源のない場合がありますがその場合は接続しません。
    • 注3、地上デジタルチューナーやバックカメラ/ETC等のAV機器を接続する際に電流容量が記載された数字を超える場合にはリレー等を使用してください。
  • 38
    配線 接続

    配線図に従って接続します。ギボシ端子は最後まで差し込んでください。

  • 39
    配線/アイドリングストップ対策アダプター 接続

    ギボシ端子は最後まで差し込んでください。

    • CAN-Busを使用しない場合はGE-FT201の常時共給電源(黄)とGE-X009のコード(黄)を接続します。
    • CAN-Busを使用する場合はGE-FT201の常時共給電源(黄)とGE-X009のコードをビニールテープ等で絶縁処理をしてください。
  • 40
    配線 接続

    配線図に従って接続します。ギボシ端子は最後まで差し込んでください。

  • 41
    配線 接続

    配線図に従って接続します。ギボシ端子は最後まで差し込んでください。

  • 42
    配線 接続

    配線図に従って接続します。ギボシ端子は最後まで差し込んでください。

  • 43
    配線 接続

    配線図に従って接続します。ギボシ端子は最後まで差し込んでください。

  • 44
    CAN-Busインターフェイス/GE-X008 接続

    CAN-Busインターフェイス本体にCAN-BusコードとGE-X008のCAN-Bus接続コード(10P)を接続します。

    • コネクターは確実にカチッと鳴るまで差し込んでください。
  • 45
    CAN-Bus接続コード/カーAV接続コード 接続

    ギボシ端子は最後まで差し込んでください。

    • 使用しないコードはビニールテープ等で絶縁処理をしてください。
  • 46
    CAN-Busインターフェイス/アイドリングストップ対策アダプター 接続

    アイドリングストップ対策アダプターのコネクター(4P)とCAN-Busコードコネクター(4P)を接続します。

    • コネクターは確実にカチッと鳴るまで差し込んでください。
  • 47
    配線コネクター/アンテナコード/カーAV接続コード 接続

    カーAV裏に配線コネクターを接続します。

    • コネクターは確実にカチッと鳴るまで差し込んでください。
  • 48
    アース線 接続

    キットの配線コネクターとカーAV側のアース線をブラケット取付ネジで共締めします。

  • 49
    配線コネクター 接続(1)

    矢印の方向に動かしながら接続します。

    • コネクターは確実にカチッと鳴るまで差し込んでください。
  • 50
    配線コネクター 接続(2)

    車両側配線コネクターとカーAV側配線コネクターを接続します。 ・配線コネクター(52P) ・アンテナ変換アダプター[FAKRA⇒JASOブースター電源用端子付]

    • コネクターは確実にカチッと鳴るまで差し込んでください。
  • 次のページへ

関連コンテンツ