ゴルフ カーナビ・カーAV取付方法

管理No:fy16083 登録日:2016年6月1日()

メーカー
フォルクスワーゲン
車種
ゴルフ
年式
H25/6~現在
取付けタイプ
カーナビ・カーAV取付
使用キット
  • GE-VW212KG
  • GE-XA02
  • ※GE-VW212MG と GE-VW212KGはパネルの色のみ異なります。

タイプ
ゴルフVII
型式
AUCHH、AUCJXF、AUCJZ、AUCPT、AUCUK
使用ナビゲーション
パイオニア製 

※車両は最低2輪にしっかりと輪止めをしてください。
※本撮影は一部テープやタオルなどで車輌を保護しております。
※カーAVにブラケットを取付ける際、使用するネジについてはカーAVの取付説明書をご参照ください。
※カーAVはカーナビ・カーオーディオの総称です。
※互換製品の適合は販売元HPをご確認ください。

※サイト内のコンテンツの転載を禁止します。

使用キット・使用工具

カーナビの取り付け方法の基本。

本キットは車両側に加工を行いますが加工後も純正オーディオに戻すことが出来ます。

GE-VW212KG

パネル 、ブラケット(L)(R) 、移設用カバー(L)(R) 、取外し工具:4本 、配線コネクター(52P) 、HSDケーブル 、モニター電源延長コード 、アンテナ変換アダプター[FAKRA⇒JASOブースター電源用端子付] 、アンテナ電源用変換コード 、ACC電源用コード(赤) 、イルミネーション電源用コード(橙/白) 、両面テープ:2枚 、パネルスペーサー 、モニター保護カバー

※以下のショッピングモール(ワントップ運営)にて購入できます。

GE-XA02

CAN-Busインターフェイス 、カバー 、汎用接続コード 、エレクトロタップ:4つ

※以下のショッピングモール(ワントップ運営)にて購入できます。

使用工具

ソケットレンチ(No.10) 、内張りはがし 、ヤスリ 、プラスドライバー(2番) 、精密ドライバー 、小型グラインダー等 、保護テープ 、タオル

取付方法

  • 1
    バッテリー(-端子) 取外し

    バッテリー(-端子)を取外します。 タオルなどで包んで他の金属と接触しないように保護します。

    工具
    ソケットレンチ(No.10)
    • -端子と+端子を接触させないでください。
  • 2
    作業開始

    これから、カーAV取付け作業を開始します。

  • 3
    エアコンパネル 取外し

    ○印から内張りはがしを差し込み、エアコンパネルを取外します。

    工具
    内張りはがし
    フック
    10箇所
  • 4
    エアコンパネル フック位置

    エアコンパネルのフックは10箇所です。

  • 5
    純正パネル 取外し

    ○印から内張りはがしを差し込み、純正パネルを取外します。

    工具
    内張りはがし
    フック
    14箇所
  • 6
    リング(シルバー) 取外し

    純正パネル裏からリング(シルバー)を取外します。

  • 7
    純正パネル フック位置

    純正パネルのフックは14箇所です。

  • 8
    取外し工具 差し込み

    ○印にキット付属の取外し工具を差し込みます。

    • 取外し工具は、切欠き部を内側にして使用します。
  • 9
    純正モニター 取外し

    取外し工具を外側に開くように力を加え、純正モニターを手前に引き出し取外します。

    • 指にかかる負担を軽減するため、取外し工具の取っ手穴にタオルをかけて作業を行ってください。
  • 10
    取外し工具 抜き取り

    サイドにあるフックを押しながら、取外し工具を純正モニターから抜き取ります。

    • 写真は右上です。その他3箇所も同様に取外します。
  • 11
    配線コネクター 取外し

    純正モニターに接続されている配線コネクターを取外します。

    • 取外した純正モニターは、取付け時にグローブボックスに移設します。
    • 取外したHSDジャック(白)は取付け時に使用しないため、端子をテープ等で巻き付け絶縁処理をしてください。その後、ダッシュ奥に押し込みます。
  • 12
    グローブボックス 開く

    グローブボックスを開きます。

  • 13
    取外し工具 差し込み

    グローブボックス内の純正オーディオユニットにキット付属の取外し工具を差し込みます。

    • 取外し工具は、切欠き部を内側にして使用します。
  • 14
    純正オーディオユニット 取外し

    取外し工具を外側に開くように力を加え、純正オーディオユニットを手前に引き出し取外します。

    • 指にかかる負担を軽減するため、取外し工具の取っ手穴にタオルをかけて作業を行ってください。
  • 15
    配線コネクター 取外し

    純正オーディオユニットに接続されている配線コネクターを取外します。

  • 16
    配線 絶縁処理

    取外したHSDジャック(ピンク)は取付け時に使用しません。 端子部分を絶縁テープ等で巻き付け絶縁処理して奥に押し込んでおきます。

  • 17
    ダッシュ内 切り取り加工

    ダッシュ内の斜線部分を切り取ります。

    • 切り取り部分周囲の配線や内装表面に傷を付けないよう、また怪我をしないように十分注意してください。
    • 切り取り後は切取り部分のバリ取りを行い、切りカス等を残さないように取り除いてください。
  • 18
    仕切り部左右 切り取り

    まず、赤○の仕切り部左右を切り取ります。 次に、中央部の仕切り部/フレームを切り取ります。

    工具
    小型グラインダー等
  • 19
    切り取り加工 完了

    切り取り後の写真です。

  • 20
    グローブボックス内 切り取り加工

    グローブボックス内の左側をコード通し用溝に、ヤスリ等を使用して切り取ります。

    工具
    ヤスリ等
    • 板厚を残して、約10mm角を切り取ります。
  • 21
    配線コネクター(52P) 接続

    グローブボックス上の取付窓口の車両側52Pにキット付属の配線コネクター(52P)オス側を接続します。

    • メス側はグローブボックス外に残しその他配線(各ギボシ端子/アース線等)は、取付窓口奥からダッシュ側へ引き回します。
    • コネクターは確実にカチッと鳴るまで差し込んでください。
  • 22
    アンテナプラグ 接続

    取外した車両側アンテナプラグ(デュアルタイプ)のフック側にキット付属のアンテナ変換アダプターを接続しグローブボックスうwの取付窓口から奥に通してダッシュ側に引き回します。

    • コネクターは確実にカチッと鳴るまで差し込んでください。
  • 23
    HSDケーブル 引き回し

    キット付属のHSDケーブルのコネクター白側を取付窓口からグローブボックスの奥を通して、加工済みのコード通し用窓からグローブボックス外に引き回します。

  • 24
    配線コネクター 接続

    純正オーディオユニットの裏側に配線コネクターを接続します。 ・配線コネクター(52P)のメス側 ・取外した車両側HDSジャック(黄) ・先ほど引き回したHDSケーブルのコネクターピンク側

    • コネクターは確実にカチッと鳴るまで差し込んでください。
  • 25
    純正オーディオユニット 挿入

    グローブボックス上の取付窓口に純正オーディオユニットを挿入し、元通りに取付けます。

  • 26
    モニター電源延長コード 引き回し

    ダッシュ内の車両側コネクター(12P)にキット付属のモニター電源延長コードのオス側を接続し、メス側をグローブボックス内へ引き回します。

  • 27
    両面テープ 貼り付け

    キット付属の移設用カバー(L)(R)にキット付属の両面テープを貼り付けます。

    • 写真は(R)です。(L)も同様に貼り付けます。
    • 貼り付け面の汚れや油分等をよく拭き取ってから貼り付けます。
  • 28
    純正モニター 貼り付け

    移設カバーに貼り付けた両面テープの保護紙をはがし、純正モニター裏の左右に貼り付けます。

    • 貼り付け面の汚れや油分等をよく拭き取ってから貼り付けます。
  • 29
    配線 接続

    グローブボックス内に引き回した配線を純正モニターの裏側に接続します。 ・HSDケーブルのコネクター白側 ・モニター電源延長コードのメス側

    • 配線コネクターは最後まで確実に接続してください。
  • 30
    モニター保護カバー 取付け

    キット付属のモニター保護カバーを、丸穴を左右スイッチノブに合わせて純正モニター画面上にのせます。

    • 布面の下側にしてください。
  • 31
    純正モニター 設置

    純正モニターをグローブボックス内に設置します。 ○印の移設用カバー(R)の下部をグローブボックス内の凸部にはめるようにのせます。

  • 32
    パネルスペーサー 貼り付け

    カーAVの上前部にパネルスペーサーを貼り付けます。

    • カーAVの前角部から5mmほど後ろの位置に貼り付けます。
    • 貼付面の汚れや油分などをよく拭き取ってから貼り付けます。
    • 稼動式カーAVを取付けする場合は稼動部を避けて貼り付けてください。
  • 33
    カーAV/ブラケット(L)(R) 取付け

    カーAVにキット付属のブラケットを重ね、○印をカーAV付属のネジで取付けます。

    工具
    プラスドライバー(2番)
    • 写真は(R)です。(L)も同様に取付けます。
  • 34
    配線 接続

    配線図に従って接続します。ギボシ端子は最後まで差し込んでください。

  • 35
    アンテナ変換アダプター 接続

    配線図に従って接続します。ギボシ端子は最後まで差し込んでください。

    • カーオーディオのアンテナ電源用端子がJEITA以外の端子(平端子)の場合はアンテナ電源用変換コードを使用します。
  • 36
    CAN-Busインターフェイス 使用

    CAN-Busインターフェイスに付属の配線コネクターを接続して使用します。

    • 必ずコネクターを接続する前に設定をしてください。 設定せずに接続すると車両側に異常表示がでる場合があります。
    • 設定はCAN-Busインターフェイスの電源を入れる前に行わないと有効になりません。
  • 37
    CAN-Busインターフェイス 初期設定

    オレンジ○のスイッチを設定します。 (ピンク○はステアリングリモコン設定用スイッチです。) ゴルフⅦの場合(左側から1.2.3....) 精密ドライバー(-)を使用し、と1.2.5を下方に押し下げます。

    工具
    精密ドライバー
    • 本設定では、7と8はさわらないでください。
  • 38
    CAN-Busインターフェイス 接続

    配線図に従って接続します。ギボシ端子は最後まで差し込んでください。

    • 注1、カーオーディオによってはイルミネーション電源のない場合がありますがその場合は接続しません。
    • 注2、地上デジタルチューナーやバックカメラ/ETC等のAV機器を接続する際に電流容量が記載された数字を超える場合にはリレー等を使用してください。
    • 接続しない端子はビニールテープ等で巻き付け絶縁処理をしてください。
  • 39
    配線コネクター/アンテナコード 接続

    カーAV裏にカーAV付属の配線コネクターとアンテナコードを接続します。

    • コネクターは確実にカチッと鳴るまで差し込んでください。
  • 40
    アース線 接続

    キットの配線コネクターとカーAV側のアース線を純正ブラケット取付ネジで共締めします。

    工具
    プラスドライバー(2番)
  • 41
    カーAV/CAN-Busインターフェイス 動作確認

    バッテリーを接続してカーAVが正常に動作するか確認します。 同時にCAN-Busインターフェイスの赤いライトが点灯するか確認して下さい。

    • 確認後、再度バッテリー(-端子)を取外します。
  • 42
    CAN-Busインターフェイス カバー貼付

    動作確認後、カバーを設定窓口に貼付けます。

    • 貼付け面の汚れや油分などをよく拭き取ってから裏面の保護紙をはがして貼り付けます。
  • 43
    カーAV 取付け

    配線等を挟まないように注意し、カーAVを車両側にはめ込みます。

    • はめ込み後、バッテリー(-端子)を仮接続し、カーAVが正常に動作するか確認してください。確認後、再度バッテリー(-端子)を外します。
  • 44
    リング/パネル 取付け

    車両側の吹き出し周辺に純正リングを取付けます。 その後、キット付属のパネルを取付けます。

  • 45
    エアコンパネル 取付け

    エアコンパネルを車両側へ取付けます。

  • 46
    取付完了

    バッテリー(-端子)を仮接続し、再度動作確認を行います。 確認後、バッテリー(-端子)を本締めしてください。

    工具
    ソケットレンチ(No.10)

関連コンテンツ